Hedge Fund Japan
English Version HFJメールマガジン お問い合せはこちら
世界のヘッジファンドモール

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドについてよくある質問

ヘッジファンドジャパンのサービス

HFJと同業他社のサービスとの違いは?

ヘッジファンド辞典

投資資金を獲得のための必要12か条

会社案内&HFJ広告ガイド

HFJの掲載記事

News Articles about HFJ

Sponsors



ヘッジファンドとは?

なぜ日本に必要なのか?
ヘッジファンドとは?
ヘッジファンドの歴史
ヘッジファンドの税法
年金基金の現状
年金基金の将来



なぜ日本に必要なのか?

日本の金融業界においては、ヘッジファンド・エキスパートはいまだに少数派といわざるをえません。
優良なヘッジファンドの多くは海外に拠点をもち、日本語における詳細な情報開示はほとんど行われていないのが実情です。

ヘッジファンド・ジャパンの目標とは、投資家の皆様のあらゆるニーズに対応した最良の投資戦略構築のお手伝いをすることです。
私どものヘッジファンド・モールは、投資家の皆様が、将来の投資戦略のためにはどのような選択肢が存在するか比較・検討していただけるように設定されております。

数多くのヘッジファンドが存在する中、ヘッジファンドとは何か、に単一的な定義を適用することは容易ではありません。

2008年12月のピーク時には推定で約1万以上のヘッジファンドが、グローバルに存在していましたが、その多くが、償還請求の波に直面して、 閉鎖に追い込まれました。 米国のプロップ取り引きに関する規則変更が始まって以来、JPモルガン、モルガン・スタンレーと ゴールドマン・サックスのような主要な銀行でさえ、内部のプロップ取り引きデスクを減少させるか、または閉鎖しています。 それに代わり、すぐに新しいヘッジファンドが元ゴールドマン・サックスのトレーダーのモーガン・セーのような経験豊富なトレーダーに よって生まれるでしょう。 彼は、2011年に香港において10億米ドル以上の管理資産で、新しいヘッジファンドを始めることでしょう。 また 多くの他のヘッジファンドにとっても、アジアか日本のテーマが彼らの戦略となるでしょう。 これはヘッジファンドにとって、今の世代における最大のチャンスです。


ヘッジファンドとは?

1) 全てのリスク要因に対して完全な回避策(ヘッジ)が講じられているわけではなく、非常に狭い範囲のリスク回避策しか講じていない場合もあります。
通常、主なヘッジファンドの大部分は広範囲のリスク回避策を講じているといわれていますが、これら全てにおいて、ボラティリティーに対して完全なリスク回避が実現されているわけではありませんし、また元本を保証しているわけではありません。
『ヘッジファンド』という名称は、日本の投資家間において、やや混乱を招いている現状があり、より誤解の少ない考え方として『それぞれが、異なるリスク回避策を適用している資金運用行為』がよりふさわしいといえます。

2) ヘッジファンドは限られた一定の分野に投資するとは限りませんし、その投資行為がさまざまな規制を受けたり、情報開示の対象になることはありません。
非常に明確な投資制約を受けている投資信託と比較した場合、その違いは明らかです。
ヘッジファンドの最大の長所は、絶えず新たな運用収益源を追求できる柔軟性にあります。
目まぐるしく変化する世界の金融市場においてはスピードが非常に重要です。

3) ヘッジファンドの本領は、市場の上昇局面においてのみ発揮されるわけではなく、上昇、下落局面の両方において高い収益性を可能にし、とても俊敏であらゆる収益追求の機会を無駄にしない投資戦略を持っています。

4) ヘッジファンドが市場に持つポジションの規模は、レバレッジ比率等の関係上、預託された資金を直接反映しているとは限りません。
デリバティブに代表される高度な価格決定理論などを用い、実際の投下資金以上に相当するポジションを可能にし、高い収益効率が可能となります。これはしばしば「ギアリング」と呼ばれ、ヘッジファンドの高い収益性の中核となっています。このようなギアリングの恩恵を受けることのできない、一般的な投資信託のようなファンド等とは大きく異なる点です。


ヘッジファンドの歴史

ヘッジファンドの歴史は、じつはとてもシンプルです。
ヘッジファンドは個人の資産運用のために米国およびヨーロッパで誕生し、業界内の預かり資産の拡大とともに、富裕層の資産管理に貢献する結果となりました。
業界の秘匿性や、預託資産の敷居が高かったことから、ほとんどの投資家は高い社会的地位をもった、ある一定の条件を満たした高所得者でした。
当初は、非常に限られたリスク水準における資産保全が主体でしたが、その後、徐々に積極的な運用担当者の出現により、資産の保全より利益率向上に重点をおく傾向が強くなりました。
そのような状況下、運用担当者はより大きな責任のもとに、市場の上昇局面でも下落局面でも運用成績を維持するようになったのです。
そのような運用手法の評価が向上するとともに、より高い水準のリスクが対象となり、そのような高リスクに対する理解とノウハウの蓄積に応じて、高リスクは高い収益率を可能にする、という考えがより浸透していきました。
やがて、金融界で最も洗練されているといわれるようになったこのような投資手法はさらに専門性を向上させ、その後、ヘッジファンドの誕生をもたらすのです。


ヘッジファンドの税法

税法の関係上、3つの主要なエリアと、それらの違いについて考慮する必要があります。
米国系、欧州系、アジア系と、ヘッジファンドは分類できますが、いずれも税法上の優遇制度が整っている地域を拠点としています。
これらの地理的な違いだけでなく、投資戦略の違いもあるため、ヘッジファンドとはなにか、という一般的な定義を構築することは容易ではありません。
ヘッジファンドという表現自体が、大変広い範囲の投資戦略や地域性を含んだものであるため、単一的な定義ができるわけではないのです。
一般的に、ヘッジファンド、という名称を用いる場合、金融デリバティブや取引所上場証券に投資している、民間の私的組織、と理解される場合が多いといえるでしょう。


年金基金の現状

日本の年金基金および他の資産管理会社が現在ヘッジファンドへの資金預託を考慮するようになった事情には、投資配分に対する姿勢を変えざるを得なくなったことが背景にあります。
以前から顕著であった日本の株式および債券市場における運用成績の低迷は、さらなる長期化の可能性を帯びてきました。
過去10年間の日本市場のように、低迷している市場における収益を増加させるためには、以前とは違った選択肢を考慮せざるを得なくなったのです。
また、日本の人口増加率の低下もこの動きを加速させる要因となっているともいわれています。


年金基金の将来

年金基金の最大の使命は、現時点から将来にわたり、加入者への保障を提供することにあります。そのためには、どのような市場条件下であっても、 確実に収益を達成しなければなりません。
より高い、そして安定した収益を達成することに対する圧力は、以前とは違った資金配分傾向を加速させつつあり、その一環として、 今までヘッジファンドをまったく利用したことがない年金基金や資産運用会社からも、ヘッジファンドへの預託を開始する動きが見られる ようになりました。
多くの場合、人口の減少と課税ベースの低下により、日本のオルタナティブ投資比率は日本の年金システムを支えるため、増加させなければなりません。 しかしながらオルタナティブ投資について出遅れた為、慎重すぎて遅れた投資ペースは、多くの日本人の投資家がリーマンショックに伴う金融恐慌の後、 ネガティブリターンを最小化させるのに役立ちました。 金融恐慌が2008年末か2009年に起こっていたなら、ずっと多くの日本人の投資家が、 より多くの債務担保証券のエクスポージャーを持ち、より広い層の投資家が大きい損失を受けたことでしょう。 このプレシャーは短期的には2011年からヘッジファンド産業に入ろうとしている多くの新しい日本の資本に織り込まれることでしょう。



ホーム | 世界のヘッジファンドモール | ヘッジファンドとは?
ヘッジファンドについてよくある質問 | ヘッジファンドジャパンのサービス
HFJと同業他社のサービスとの違いは? | ヘッジファンド辞典
投資資金を獲得のための必要12か条
| 会社案内&HFJ広告ガイド
プライベートバンキングジャパン | トップマネージョブス


Copyright:(C) 2000, 2001, 2002 Mark Pink All Rights Reserved.

FinPort Japan ホーム