Hedge Fund Japan
Hedge Fund Japan ホーム English Version HFJメールマガジン お問い合せはこちら
世界のヘッジファンドモール

ヘッジファンドとは

ヘッジファンドについてよくある質問

ヘッジファンドジャパンのサービス

HFJと同業他社のサービスとの違いは?

ヘッジファンド辞典

投資資金を獲得のための必要12か条

会社案内&HFJ広告ガイド
HFJの掲載記事

・FX ONLINE JAPAN
・ALTERNATIVE ASSETCENTER
・Institutional Investor
・Asia-Pacific Consulting



NEW HEDGE FUNDS 新設ファンド・準備中等 SMALL HEDGE FUNDS 5,000万米ドル以下 LARGE HEDGE FUNDS 5,000万米ドル以上・FOF等
取扱中のファンド一覧に戻る
このファンドのお問い合わせ
このファンドに関するお申し込み、お問い合わせはこちら、またはトップバーのお問い合わせからお願いいたします。
お問い合わせ
NHF 1012
イヴェント及び高レヴァレッジ活用ミクロ方向型為替取引
新規ヘッジファンド 個人管理口座
年度累計100%以上(2005年2月), ファンド開始以来100%以上(2004年11月)
ファンドマネジャーのトラックレコード: 8ヶ月(2004年7月)
この英国領ヴァージン諸島登記済み外国為替取引会社は顧客のファンドを収集し、初年度のトラックレコードを確立させつつあります。 トレーディング技術と厳格な損失管理手法はファンド開始以来毎月2桁の運用実績となって現れています。
個人顧客口座は在スイスの世界的なブローカーのレフコACMあるいは米国のゲインキャピタルに開設され、顧客に代わって取引できる限定された代理権限が顧客から与えられています。
マネージャー自身のお金も一緒に投資されています。顧客の資金は当初投下資本比例配分方式で、また取引前に定義されたとおり使用され、取引ごとの損益配分に関し絶対的な公正さが保証されます。
マネージャーは金融市場における15年の経験を有し、パリ市場、フランス貯蓄銀行、ソックジェンクロスビー、CSFBに勤務し、幅広い資産領域における価格形成機能に関する知識を習得しました。
ファンド戦略− トータル資本金額ターゲット − 2005年第4クオーター 1−5百万ドル
マネージャーは短期の高レヴァレッジを活用した外国為替取引に従事します。 ノーチェックでポジションが取られることはありません。オーバーナイトのポジションも持ちません。
戦略はフリーハンドではなく、明確に定義された損切りと利益確保のターゲットを持って市場に参加します。
プログラムは絶対リターンに焦点を当て、株や債券というような伝統的な資産区分とは何ら関係を持ちません。
使用されるレヴァレッジはマネージャー内部リスク管理規定により、潜在的ロスが自己資本の6%以内に抑えられています。 然しながら、過去の経験則から、最大のロスは0.5−1%以内に収まっています。
マネージャーはレフコACM及びゲインキャピタルと緊密な関係を維持しています。ターゲット資本は50−100百万ドルです。
トップへ


ホーム | 世界のヘッジファンドモール | ヘッジファンドとは?
ヘッジファンドについてよくある質問 | ヘッジファンドジャパンのサービス
HFJと同業他社のサービスとの違いは? | ヘッジファンド辞典
投資資金を獲得のための必要12か条
| 会社案内&HFJ広告ガイド
プライベートバンキングジャパン
| トップマネージョブス

Copyright:(C) 2000, 2001, 2002 TMJ NetMedia Limited All Rights Reserved.

FinPort Japan ホーム